プロジェクトマネージャーとは?PMの仕事内容や必須スキルとは??

  • 2020年8月20日
  • 2020年8月20日
  • IT
IT

プロジェクトマネージャーとは?

システム開発のプロジェクトの責任者として、メンバーをまとめ上げプロジェクトを成功へ導くのがプロジェクトマネージャーです。

プロジェクトマネージャーの仕事内容

プロジェクトマネージャーの最大の使命はプロジェクトの完遂です。プロジェクトを成功に導くためにプロジェクトマネージャーはプロジェクト全体を俯瞰してみなければいけません。その仕事内容も多岐にわたります。実際にどのような仕事をしているのでしょうか?

プロジェクトを管理する

責任者として、プロジェクトの管理がプロジェクトマネージャーの大きな仕事です。一口に管理といってもプロジェクトの管理は多岐にわたります。
メンバーの勤怠やコスト、プロジェクト進捗の管理など

プロジェクトの報告をする

プロジェクトマネジメントを行うとともに、プロジェクトの進捗状況を適切なタイミングで適切な報告を利害関係者(ステークホルダー)にする必要があります。

プロジェクトマネージャーに求められるスキル

多岐にわたるプロジェクトマネージャーの仕事内容において、どのようなスキルが必要でしょうか?
仕事内容の通り、プロジェクトマネージャーは様々ないスキルが必要です。ITスキルだけではプロジェクトを成功に導くことはできません。

コミュニケーションスキル

プロジェクトのメンバーの勤怠管理や体調などメンバーとコミュニケーションをとり、心理的安全性が担保された環境を作ることが重要です。

プレゼンテーションスキル

プロジェクトの進捗状況の報告をする際や問題が生じた場合、適切な情報量を適切な人に伝えることが重要です。

マネジメントスキル

プロジェクトマネージャーはプロジェクトの進捗具合がどうなっているか適切に抑え、状況に応じた対応が求められます。そのために日々進捗や課題、障害管理をしっかり行い、可視化しておくことが大切です。

コストマネジメントスキル

プロジェクトを進めるためには当たり前ですがコストがかかります。システム開発において一番のコストは人件費です。プロジェクトの進捗具合によっては人件費が想定外にかさんでしまったりすることがあり、プロジェクトマネージャーはこの人件費の管理スキルが必須です。

まとめ

皆さんいかがだったでしょうか?
プロジェクトを成功させるためには、プロジェクト全体のメンバーが力を合わせることが重要ですが、そのメンバーをまとめるプロジェクトマネージャーは大きな責任があります。プロジェクトマネージャーの判断がプロジェクトの成功か失敗を握っているといっても過言ではありません。

>